• ステージ紹介

  • NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン -
    第5ステージ 南信州 コース紹介

    南信州ステージ 公式サイト
    5/24(木)9:15スタート
飯田駅→下久堅周回コース→松尾総合運動場前
<パレード7.3㎞> + <12.2㎞ x 10周 + 1.6㎞ = 123.6㎞>

第5ステージ 南信州

PL. NAME NO. TEAM POINT TIME +TOP
1 FRA LEBAS Thomas 42 KIN 25 3:13:35 0:00:00
2 COL CASTIBLANCO CUBIDES Jorge Camilo 142 ILU 20 3:13:35 0:00:00
3 AUS SUNDERLAND Dylan 65 BSC 16 3:13:55 0:00:20
4 SLO BOLE Grega 12 TBM 14 3:14:54 0:01:19
5 ITA CANOLA Marco 31 NIP 15 3:14:54 0:01:19
6 JPN KUBOKI Kazushige 131 BGT 10 3:14:54 0:01:19
7 ESP GUARDIOLA Salvador 43 KIN 9 3:14:54 0:01:19
8 JPN YOKOYAMA Kota 125 SMN 8 3:14:54 0:01:19
9 USA PIPER Cameron 146 ILU 7 3:14:54 0:01:19
10 JPN NAKANE Hideto 34 NIP 6 3:14:54 0:01:19
11 ESP GARCIA FERNANDEZ Marcos 41 KIN 5 3:14:54 0:01:19
12 JPN IRIBE Shotaro 121 SMN 4 3:14:54 0:01:19
13 CAN PERRY Benjamin 23 ICA 3 3:14:54 0:01:19
14 ESP TORIBIO ALCOLEA Jose Vicente 91 MTR 2 3:14:54 0:01:19
15 GBR BIBBY Ian 111 JLT 2 3:14:54 0:01:19
16 AUS HARPER Chris 63 BSC 0 3:14:54 0:01:19
17 FRA MONIER Damien 106 AIS 5 3:14:54 0:01:19
18 AUS CROME Sam 64 BSC 0 3:14:54 0:01:19
19 JPN AMEZAWA Takeaki 74 BLZ 0 3:14:54 0:01:19
20 AUT PERNSTEINER Hermann 14 TBM 0 3:14:54 0:01:19
21 ITA PONZI Simone 36 NIP 0 3:14:54 0:01:19
22 ESP PRADES REVERTER Benjami 1 UKO 0 3:14:54 0:01:19
23 ESP DIAZ GALLEGO Jose Manuel 21 ICA 0 3:14:54 0:01:19
24 COL BARON CASTILLO Felix Alejandro 144 ILU 1 3:14:54 0:01:19
25 JPN ISHIBASHI Manabu 133 BGT 0 3:14:54 0:01:19
26 JPN MINATO Ryo 123 SMN 0 3:14:54 0:01:19
27 GBR LAVERACK Edward 116 JLT 0 3:14:54 0:01:19
28 ESP FERNANDEZ CASASOLA Airan 92 MTR 0 3:14:54 0:01:19
29 AUS HUCKER Robbie 2 UKO 0 3:14:54 0:01:19
30 NED DE MAAR Marc 4 UKO 0 3:14:54 0:01:19
31 GBR BRADBURY Edmund 115 JLT 1 3:14:54 0:01:19
32 JPN HATSUYAMA Sho 32 NIP 0 3:15:00 0:01:25
33 JPN ITO Masakazu 33 NIP 0 3:15:04 0:01:29
34 NZL SCHREURS Hamish 25 ICA 8 3:15:22 0:01:47
35 ITA CUNEGO Damiano 35 NIP 0 3:18:25 0:04:50
36 AUS GIACOPPO Anthony 61 BSC 0 3:18:35 0:05:00
37 ITA AGNOLI Valerio 11 TBM 0 3:19:20 0:05:45
38 JPN SUZUKI Yuzuru 72 BLZ 8 3:19:20 0:05:45
39 CHN WANG Meiyin 15 TBM 0 3:19:20 0:05:45
40 GBR STEWART Thomas 112 JLT 0 3:22:22 0:08:47
41 USA BROWN Connor 141 ILU 0 3:23:32 0:09:57
42 JPN KOISHI Yuma 6 UKO 0 3:23:32 0:09:57
43 JPN HATANAKA Yusuke 5 UKO 0 3:23:32 0:09:57
44 JPN NAKAJIMA Yasuharu 44 KIN 0 3:23:32 0:09:57
45 JPN OKA Atsushi 76 BLZ 0 3:23:32 0:09:57
46 KOR PARK Sanghong 81 LXC 0 3:23:32 0:09:57
47 ISR GOLDSTEIN Roy 22 ICA 0 3:23:32 0:09:57
48 SUI PELLAUD Simon 145 ILU 0 3:23:32 0:09:57
49 JPN OKAMOTO Hayato 101 AIS 0 3:23:32 0:09:57
50 JPN WATANABE Shotaro 104 AIS 0 3:23:32 0:09:57
51 JPN OKUBO Jin 132 BGT 0 3:23:32 0:09:57
52 JPN KUROEDA Shiki 103 AIS 0 3:23:32 0:09:57
53 JPN HORI Takaaki 134 BGT 0 3:23:32 0:09:57
54 JPN SANO Junya 93 MTR 0 3:23:32 0:09:57
55 JPN YASUHARA Daiki 95 MTR 0 3:23:32 0:09:57
56 GBR WOOD Oliver 113 JLT 0 3:23:32 0:09:57
57 SLO PER David 13 TBM 0 3:23:32 0:09:57
58 JPN ARASHIRO Yudai 45 KIN 0 3:23:32 0:09:57
59 USA WILLIAMS Tyler 26 ICA 0 3:23:32 0:09:57
60 AUS LEA Jason 66 BSC 0 3:23:32 0:09:57
61 JPN NAKAGAWA Ken 155 JPN 0 3:23:32 0:09:57
62 JPN YAMAMOTO Masaki 46 KIN 0 3:23:32 0:09:57
63 EST RÄIM Mihkel 24 ICA 0 3:23:32 0:09:57
64 JPN SUZUKI Ryu 73 BLZ 0 3:23:32 0:09:57
65 EST LAAS Martin 143 ILU 0 3:23:32 0:09:57
66 NED KREDER Raymond 3 UKO 0 3:23:32 0:09:57
67 JPN DOI Yukihiro 94 MTR 0 3:23:32 0:09:57
68 HKG CHEUNG King Lok 51 HKS 0 3:26:45 0:13:10
69 JPN HAYAKAWA Tomohiro 102 AIS 0 3:26:45 0:13:10
70 HKG LAU Wan Yau Vincent 56 HKS 0 3:26:45 0:13:10
71 HKG CHIU Ho San 54 HKS 0 3:26:45 0:13:10
72 HKG CHOY Hiu Fung 53 HKS 0 3:26:45 0:13:10
73 JPN KUSABA Keigo 152 JPN 0 3:26:45 0:13:10
74 JPN KUROEDA Saya 126 SMN 0 3:36:26 0:22:51
75 JPN NAKATA Takuya 124 SMN 0 3:36:26 0:22:51
76 JPN TOMIO Daichi 154 JPN 0 3:36:26 0:22:51
77 JPN MATSUDA Shoi 151 JPN 0 3:36:26 0:22:51
78 JPN KIMURA Keisuke 122 SMN 0 3:36:26 0:22:51
79 JPN ASO Keisuke 105 AIS 0 3:36:26 0:22:51
80 AUS BAYLY Cameron 62 BSC 0 3:36:26 0:22:51
81 GBR GULLEN James 114 JLT 0 3:37:38 0:24:03
82 JPN SATO Ken 156 JPN 0 3:37:38 0:24:03
- JPN MASE Yuki 96 MTR 0 DNF
- JPN ONODERA Rei 75 BLZ 0 DNF
- KOR KIM Euro 85 LXC 0 DNF
- JPN HARADA Hiroaki 135 BGT 0 DNF
- KOR KIM Kunsoo 84 LXC 0 DNF

南信州ステージ

NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン -
第5ステージ 南信州

NTN presents 2018 Tour of Japan - Stage5 MINAMISHINSHU

100079_01.jpg
100079_02.jpg

飯田市の市街地、飯田駅前をスタート地点とし、風光明媚な市内7.3kmをパレード。たくさんの観戦者からの声援を受けながら、天竜川に架かる水神橋の手前からコースに入る。

標高561mの山岳ポイントまでは、10%を超える急坂を駆け上がらなければならない。そして頂上からは一転して、カーブが連続する下りコース。最後はコース名物のヘアピンカーブ“TOJコーナー”。選手たちは体力だけでなく、集中力の限界にも挑まなければならない過酷なステージ。

最終回は再び水神橋を越え、1.5kmにおよぶストレートの先にゴールラインが待ち受ける。

→会場アクセス
→南信州ステージコース紹介
→南信州ステージ公式サイト


南信州ステージが行われる《飯田市》について

100079_03.jpg
りんご並木、天龍峡、市田柿。
国内でも自転車熱の高い地域、飯田市。


100079_04.jpg

「丘の上」の愛称で呼ばれる飯田駅を中心とする市街地は、飯田城の城下町として古くから栄えた歴史ある地域です。その中央にある大通りに400mにわたって植えられたりんごからなる並木通りは、街のシンボルとして親しまれており、日本の道百選やかおり風景100選に選定されています。

諏訪湖から遠州灘へと流れる天竜川は「暴れ天竜」の異名をもち、急峻な地形にはさまれて急流なことで有名です。なかでも天龍峡は、両岸にそり立つ「天龍峡十勝」と名付けられた奇岩・巨岩の渓谷美と、新緑・紅葉といった四季の彩りが相まって景勝地として人気を博してきました。

南信州を代表する冬の特産品「市田柿」は、盆地特有の厳しい冷え込みと、天竜川の川霧がもたらす適度な湿気が深い味わいの秘密です。20以上もの工程を経る手間を惜しまない加工作業で、他の柿にはないもっちりとした食感と、上品な甘さを兼ね備えた干柿が出来上がります。

飯田市はサイクリングツアーにも力を入れており、春には桜を、秋には紅葉を見ながらなど楽しみながら自転車にも親しんでいただけます。
→これまでのサイクリングイベント一覧

→南信州の観光
→南信州の温泉
→南信州への宿泊
→南信州の特産品
→南信州で遊ぶ

飯田市 グルメ編

100079_05.jpg
(1)焼肉
飯田市は人口あたりの焼肉店舗数が全国でも有数のまち。ブランド牛の「南信州牛」をはじめ豚やマトン、さらには鹿・猪・熊などのジビエ料理も豊富です。

(2)五平餅
潰したご飯を串に刺して焼き、甘辛いタレを塗って香ばしく焼き上げる郷土料理です。
→五平餅のお店一覧

(3)ねぎだれおでん
飯田市発祥のおでん。ねぎだれをかけて食べるのが飯田流!

飯田市 お土産編

100079_06.jpg
(1)赤飯まんじゅう
ふっくら炊いた赤飯をほんのり柔らかい皮で包んだおめでたい和菓子です。
→菓匠 赤門や

(2)源助かぶ菜漬
「源助かぶ菜」という野菜を使ったお漬け物です。ご飯がすすみます!

(3)喜久水
飯田地方唯一の酒造メーカーである喜久水酒造。ショールームではきき酒や販売も。
→喜久水酒造
5/24
9:15 START
南信州ステージ情報