・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

レースバブルについて

101861_01.jpg

現在、「2021ツアー・オブ・ジャパン」は、コロナ禍に於ける安全な国際自転車ロードレース開催のための準備を粛々と進めています。

今回は、今後も続いていくと思われるコロナ禍での国際レース開催について、UCI(国際自転車競技連合)が定めている「レースバブル」の内容をご説明したいと思います。

バブル方式によるコロナ対策
大きな泡で包むように大会を運営し、選手や関係者の外部との接触を遮断する「バブル」方式を、下記の「(1)チーム」と「(2)審判」を合わせて「レースバブル」と呼びます。

(1)チームバブル(UCIで定められているルール)
TOJに参加する全チームの選手、監督、メカニック、マッサー、スタッフ、広報などが対象となり、PCR検査を含む所定の健康チェックが課され、大会期間中は、常時マスク着用(選手はレース中を除く)及びフィジカル・ディスタンスに留意した上で、可能な限り外部との接触や、レース以外の不要不急の外出を自粛しなければなりません。

(2)コミセール(審判)バブル(UCIで定められているルール)
TOJで全ステージの執務を行うコミセールが対象となり、PCR検査を含む所定の健康チェックが課され、大会期間中は、可能な限り外部との接触や、レース以外の不要不急の外出を自粛する。常時マスク着用及びフィジカル・ディスタンスに留意した上で、チームバブルと短時間の接触は可能となります。

 (3)セミバブル(TOJ独自ルール/栗村はここに該当)
TOJで全レースの執務を行う関係者が対象となり、PCRまたはLAMP検査を所定の健康チェックが課され、大会期間中は、可能な限り外部との接触や、レース以外の不要不急の外出を自粛する。常時マスクを着用及びフィジカル・ディスタンスに留意した上で、レースバブルと短時間の接触は可能となります。

(4)バブル外(その他関係者や一般メディア含む)
(1)〜(3)に含まれないすべての方が対象となり、上記バブルとの接触は原則禁止となります。やむを得ない事情がある場合は、三密(密閉・密集・密接)を避け、双方マスク着用の上、バブル外の方は更にフェイスシールドを着用し、フィジカル・ディスタンスを2m以上保ち、接触を15分以内に留めなくてはなりません。

詳細はこちら


100075_45.png100282_24.png

100075_15.png100075_46.png100075_47.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_28.png100075_40.png100075_32.png100282_11.png100075_33.png100075_34.png100282_08.png100075_30.png100075_36.png100282_25.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCステップライド

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ