・インフォメーション

NEWS

TOJ NEWS

TOJ2023 富士山ステージ レースレポート

⽇時:2023年5⽉26⽇(金曜⽇)
天候:晴れ20℃(スタート)晴れ11℃(フィニッシュ)
来場者数:7,800人
ステージアンバサダー:飯島誠
ホームステージチーム:チーム ブリヂストン サイクリング

ディフェンディングチャンピオンのネイサン・アール(JCL TEAM UKYO)が独走でステージ優勝。逆転で総合優勝争いもトップに躍り出た。

100314_01.jpg

ツアー・オブ・ジャパン 2023、大会6日目は総合優勝争いを大きく左右する富士山ステージ。今年は「ふじあざみライン」のみを駆け上がる、全長11.4kmのヒルクライム一本勝負。前日の信州飯田ステージで、予想外のタイム差に広がった総合優勝争いは、有力候補がここで一気に巻き返すことができるのかに注目が集まった。 

100314_02.jpg

100314_03.jpg

レースは早々からリーダージャージを抱えるJCL TEAM UKYOがコントロールしながら、慎重な滑り出しでスタートして行った。残り8km付近から始まるつづら折りのコーナーの連続が始まる地点から、ベンジャミン・ダイボール(ヴィクトワール広島)がペースアップ。一気に先頭集団が10名に絞り込まれた。この中には、ディフェンディングチャンピオンのネイサン・アール(JCL TEAM UKYO)、山岳賞争いをしているレオネル・キンテロ・アルテアガ(ヴィクトワール広島)が含まれる。先頭集団は残り5.5km、旧馬返しの地点で更にペースアップ。

100314_04.jpg

先頭集団はネイサン・アール、ベンジャミ・プラデス(共にJCL TEAM UKYO)、ベンジャミン・ダイボール(ヴィクトワール広島)、ドリュー・モレ(キナンレーシングチーム)の4名に絞られる。その中からドリュー・モレが残り5km地点で脱落して先頭は3名。続いてベンジャミ・プラデスも脱落して、先頭はネイサン・アールとベンジャミン・ダイボールの去年の1位、2位の2名に絞られた。残り3.5km、でネイサン・アールが単独アタック。30秒のタイム差を付けて残り3km、完全に独走態勢に入る。残り1kmを切っても2人のタイム差は30秒のまま。そして、独走のままネイサン・アールがフィニッシュを迎えた。総合順位を大きく左右する富士山ステージはネイサン・アールの独壇場となり、ステージ優勝。前日までの総合タイム差2分44秒をひっくり返して一気にグリーンジャージを奪取した。日本人トップは、前日までの総合リーダーだったチームメイトの岡篤志で総合3位。 山岳賞は今日も兒島直樹(チーム ブリヂストン サイクリング)が守った。

100314_05.jpg

ネイサン・アール(JCL TEAM UKYO)のコメント:
込山正秀小山町長とネイサン・アール
「今の気持ちを伝えるのが難しいですが、昨年からずっとチーム一丸となってコンディションを整えて来て、チームで設定した目標であるTOJのこの表彰台に立てて本当に嬉しいです。あと2ステージありますが、グリーンジャージを守るためにできることは何でもやります。最後に東京でグリーンジャージを着ていることがチームの目標ですので。

兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)のコメント:
100314_07.jpg「3ポイント差まで詰め寄られてしまいましたが、逆転されなかったのは良かったと思います。明日はチーム向きのステージですので、みんなと協力してレッドジャージを守りにいきます。その上で、チャンスがあればステージも獲りに行きたいと思っています。」

ルーク・ランパーティ(トリニティ・レーシング)のコメント:
100314_08.jpg人生で一度走るかどうか、そんなステージで、本当にクールな経験だった。もちろん僕はクライマーじゃないから、個人的にはベストなステージではなかったけどね。僕たちは富士山でレースしたんだ、って言えるのは特別なことだよ。富士山のコースについては事前にオンラインサイトでチェックはしていたが、実際どうなのかは走ってみなきゃわからない。本当にタフなステージだったよ。

リアム・ジョンストン(トリニティ・レーシング)のコメント:
100314_09.jpg「ヨーロッパでのレースに引き続いて、TOJもずっと良いコンディションで走れていますので、富士山ステージでも良い走りができると思っていました。途中までは先頭の選手についていきましたが、自分の中で限界を超えたと感じたので、その後は自分のペースを守りながら走りました。」

第6富士山ステージ順位
1位    ネイサン・アール    (JCL TEAM UKYO)    40分14秒
2位    ベンジャミン・ダイボール    (ヴィクトワール広島)    +34秒
3位    ドリュー・モレ    (キナンレーシングチーム)    +1分19秒

個⼈総合時間賞(グリーンジャージ)
1位    ネイサン・アール    (JCL TEAM UKYO)    12時間59分05秒
2位    ベンジャミン・ダイボール    (ヴィクトワール広島)    +47秒
3位    岡 篤志    (JCL TEAM UKYO)    +1分07秒

個⼈総合ポイント賞(ブルージャージ)
1位    ルーク・ランパーティ    (トリニティ・レーシング)    72pt
2位    岡 篤志    (JCL TEAM UKYO)    60pt
3位    カーター・ベトルス    (ヴィクトワール広島)    53pt

個⼈総合⼭岳賞(レッドジャージ)
1位    兒島 直樹    (チームブリヂストンサイクリング)    29pt
2位    レオネル・キンテロ・アルテアガ    (ヴィクトワール広島)    26pt
3位    カーター・ベトルス    (ヴィクトワール広島)    18pt

個⼈総合新人賞(ホワイトジャージ)
1位    リアム・ジョンストン    (トリニティ・レーシング)
2位    ルカ・イェンニ    (EFエデュケーション・NIPPO ディベロップメントチーム)
3位    ケヴィン・マッカンブリッジ    (トリニティ・レーシング)


100282_20.png100075_49.png

100075_15.png100075_46.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100075_47.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_36.png100282_12.png100282_29.png100282_08.png100075_28.png100075_13.png100075_51.png100075_54.png100075_55.png100282_11.png100282_25.png100075_33.png100075_32.png100075_30.png100075_52.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCRoad l'avenir

facebookTwitterYouTubeInstagram
KEIRIN TOJ公式サイトは競輪の補助を受けて制作しています。

このページの先頭へ