・インフォメーション

NEWS

TOJ NEWS

TOJ2023 信州飯田ステージ レースレポート

⽇時:2023年5⽉25⽇(木曜⽇)
天候:曇り19℃
来場者数:18,000人
ステージアンバサダー:福島晋一
ホームステージチーム:JCL TEAM UKYO

岡篤志(JCL TEAM UKYO)がステージ優勝し、グリーンジャージを獲得!

リーダージャージ着用の4人

ツアー・オブ・ジャパン 2023は、折り返しの大会5日目。 2022年からコースレイアウトが変更になった信州飯田ステージは、下久堅小学校グラウンド前をスタート&フィニッシュ地点とする1周12.2kmの下久堅周回コースで走行距離120.9km。山岳ステージとしての位置づけで激しい消耗戦が予想され、いよいよ本格的に総合優勝争いが始まる。

先頭グループ

アクチュアルスタート直後からアタック合戦が始まるが、どのチームも容易に逃げを許さない。1周回目に入り9名の逃げ集団が形成されたが、2周回目には全員吸収された。3周回目に入り、山岳賞ジャージを抱える兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)、いなべステージの覇者カーター・ベトルス(ヴィクトワール広島)を含む8名の逃げ集団を形成。メイン集団に対し1分50秒のタイムギャップを築き、漸く逃げが容認された状況となった。

飯田名物の焼き肉応援
4周目に入り、メイン集団からブリッジをかけてきた今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)、フェリックス・スティリ(EF エデュケーション・NIPPO ディベロップメントチーム)が加わり、逃げ集団は10名となり、メイン集団に4分12秒とその差を広げる。最大タイムギャップ4分44秒となったところでメイン集団が追撃開始。一時は3分43秒差まで縮めるものの、7周回目に入って逃げ集団が再びペースアップ、メイン集団とのタイムギャップを4分21秒に広げ残り2周回を逃げ切りにかかる。最終周回に入る時点でのタイムギャップは3分46秒。逃げ切り濃厚となった逃げ集団の中から4名が脱落して最終局面では6名による登りスプリント勝負に持ち込まれた。残り300mを切って最初に仕掛けたのはカーター・ベトルス(ヴィクトワール広島)。

フィニッシュ
単独で逃げ切りを図るが、そこへ岡篤志(JCL TEAM UKYO)が強襲。
最後は後続を突き放す力強いスプリントで見事ステージ優勝と手にした。この結果、岡篤志(JCL TEAM UKYO)が総合1位に躍り出てグリーンジャージを獲得。ポイントはルーク・ランパーティ(トリニティ・レーシング)がキープ。山岳賞も兒島直樹(チーム ブリヂストン サイクリング)が守り、明日のクイーンステージ、富士山に向かう。

岡 篤志(JCL TEAM UKYO)のコメント:
個⼈総合時間賞(グリーンジャージ)

「沢山の応援、ありがとうございました。本当に嬉しいです。チームとしては、総合を狙っている選手を上位でゴールさせるプランで、自分は本来アシストの予定で逃げをチェックする役割だったのですが、まさかこんなにタイム差が開くと思っていませんでした。ですが、そこからは自分のステージ優勝に切り替えて、絶対に勝たなくてはいけないという強い思いで走りました。」

ルーク・ランパーティ(トリニティ・レーシング)のコメント:
個⼈総合ポイント賞(ブルージャージ)

個⼈総合新人賞(ホワイトジャージ)
「総合的には今日も良い日だったと思います。今日は総合を守るというより、ステージ優勝がしたかったのですが、途中で戦略ミスもあって勝つことができませんでした。ただ、今日は総合を獲った選手におめでとうと言いたいです。」

兒島直樹(チーム ブリヂストン サイクリング)のコメント:
佐藤健飯田市長と兒島直樹(チーム ブリヂストン サイクリング)

「今日も逃げにのって山岳ポイントを稼ぎに行く予定でしたが、なかなか逃げを容認してくれず、最初にかなり脚を使ってしまいました。3回目のポイント争いまで行きたかったのですが、かなりきつくて付いていけませんでした。富士山も大事ですが、山岳賞争いは相模原で決まると思っていますので、まだまだ狙っていきます。」

第5ステージ順位
1位    岡 篤志    (JCL TEAM UKYO)    3時間06分11秒
2位    ライアン・カバナ    (キナンレーシングチーム)    +5秒
3位    ジェス・イワート    (トレンガヌ・ポリゴン・サイクリングチーム)    +7秒

個⼈総合時間賞(グリーンジャージ)
1位    岡 篤志    (JCL TEAM UKYO)    12時間16分07秒
2位    フェリックス・スティリ    (EF エデュケーション・NIPPOディベロップメントチーム)    +34秒
3位    カーター・ベトルス    (ヴィクトワール広島)    +1分48秒

個⼈総合ポイント賞(ブルージャージ)
1位    ルーク・ランパーティ    (トリニティ・レーシング)    72pt
2位    岡 篤志    (JCL TEAM UKYO)    60pt
3位    カーター・ベトルス    (ヴィクトワール広島)    53pt

個⼈総合⼭岳賞(レッドジャージ)
1位    兒島 直樹    (チーム ブリヂストン サイクリング)    29pt
2位    レオネル・キンテロ・アルテアガ    (ヴィクトワール広島)    21pt
3位    カーター・ベトルス    (ヴィクトワール広島)    15pt

個⼈総合新人賞(ホワイトジャージ)
1位    ルーク・ランパーティ    (トリニティ・レーシング)
2位    リアム・ジョンストン    (トリニティ・レーシング)
3位    ルカ・イェンニ    (EF エデュケーション・NIPPO ディベロップメントチーム)


100282_20.png100075_49.png

100075_15.png100075_46.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100075_47.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_36.png100282_12.png100282_29.png100282_08.png100075_28.png100075_13.png100075_51.png100075_54.png100075_55.png100282_11.png100282_25.png100075_33.png100075_32.png100075_30.png100075_52.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCRoad l'avenir

facebookTwitterYouTubeInstagram
KEIRIN TOJ公式サイトは競輪の補助を受けて制作しています。

このページの先頭へ