・インフォメーション

NEWS

TOJ NEWS

三菱地所 presents ツアー・オブ・ジャパン 2022 第1ステージ 信州飯田 レースレポート

ネイサン・アール(チーム右京)が3年ぶり開催の信州飯田ステージを優勝!
チーム右京はワン・ツーフィニッシュ!!
⽇時:2022年5⽉19⽇(木曜⽇)
天候:晴れ24℃
来場者数:15,000人

Start メイン集団

信州飯田ステージ(旧名:南信州ステージ)はこの2年間は残念ながら開催を見送りましたが、2022年は開幕ステージとして復活しました。晴天の中、3年ぶりに有観客での開催となりました。コースはスタート/フィニッシュ地点の変更はあったものの、ハードな周回コースはそのままで初日から総合優勝を争う有力選手同士が凌ぎ合う激しいレースとなりました。

序盤、散発的なアタックが繰り返されるが、マトリックス パワータグがハイペースでレースをコントロール。簡単に逃げを許さない状況が続く。4周回目、石橋学(チーム右京)、織田聖(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)、⻄尾勇⼈(那須ブラーゼン)、山本元喜(キナンレーシングチーム)による4名の逃げ集団が形成され、集団に最大1分のタイム差を築いてレースは一旦落ち着きを見せる。

レースが動いたのは6周回目、4名の逃げは一旦吸収されるが、そこから改めて石上優大(EFエデュケーション・NIPPO デヴェロップメントチーム)、⼩石祐馬(チーム右京)の2名がアタック。このアタックも決定打にはならなかったものの、残り2周回を残してステージ優勝の行方はメイン集団の16名に絞られた。8周回目終盤には、更に7名にまで絞られた先頭集団の中からベンジャミン・ダイボール(チーム右京)がアタックをかけ、メイン集団に32秒のタイム差をキープして単独で最終周回に突入。

先行

バラけたメイン集団からは、チームメイトのネイサン・アール(チーム右京)が単独2番手で追走。離れて増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、トマ・ルバ(キナンレーシングチーム)が3番手4番手で懸命に追走するも、残り5kmを切ってステージ優勝争いはチーム右京の2名の選手に絞られた。

フィニッシュ直前、前を行くベンジャミン・ダイボールがネイサン・アールを先行させて、ステージ優勝はネイサン・アール。2位はそのままベンジャミン・ダイボールが入り、チーム右京は開幕ステージをワン・ツーフィニッシュで締め括った。昨年個人総合時間賞の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)は31秒差の総合3位に付けた。

Finish

ネイサン・アール(チーム右京)のコメント
「日本でこのようなレースが出来てとても嬉しいです。正直少し疲れていますが、今日は勝つことができてとてもハッピーです。強いライバルが同じチームにいるというのは、とても大変なことですが、今日は良いポジションにつけられて、非常に良いレースが出来たと思います。観客のみなさんには、とても楽しかったと言ってもらえるレースだったと思います。ベンジャミンと私は総合争いで良いポジションにいますし、2人とも強いクライマーなので明日はどちらが勝ってもおかしくないと思います。どちらが勝っても同じチームなので嬉しく思います。」

宮崎 泰史(宇都宮ブリッツェン)のコメント
「TOJ初出場で、このような名誉ある賞がいただけたことは、とても嬉しいことだなと思います。最後の段階で自分の中で判断ミスあって、増田さんに足を使わせてしまいましたので自分としては課題が残りました。ですが、自分の脚は感覚が良いので、山岳賞をいただけたのは、本当に嬉しいです。
僕の脚質はクライマーですが、明日はどれだけ登れるかは分からない部分もあります。精一杯全力を尽くせたら良いなと思っています。」

表彰式

信州飯田ステージ順位
1位 ネイサン・アール(チーム右京)3時間04分25秒
2位 ベンジャミン・ダイボール(チーム右京)+3秒
3位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)+31秒

個⼈総合時間賞(グリーンジャージ
1位 ネイサン・アール(チーム右京) 3時間04分15秒
2位 ベンジャミン・ダイボール(チーム右京)+7秒
3位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)+37秒

個⼈総合ポイント賞(ブルージャージ)
1位 ネイサン・アール(チーム右京)25pt
2位 ベンジャミン・ダイボール(チーム右京)20pt
3位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)16pt

個⼈総合⼭岳賞(レッドジャージ)
1位 宮崎 泰史(宇都宮ブリッツェン)7pt
2位 山本 元喜(キナンレーシングチーム)7pt
3位 安原 大貴(マトリックス パワータグ)7pt

個⼈総合新賞(ホワイトジャージ)
1位 宮崎 泰史(宇都宮ブリッツェン)     
2位 留目 夕陽(日本ナショナルチーム)
3位 山本 哲央(チーム ブリヂストン サイクリング)

チーム総合順位
1位 チーム右京
2位 宇都宮ブリッツェン
3位 キナンレーシングチーム


100282_20.png100075_49.png

100075_15.png100075_46.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100075_47.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_36.png100282_12.png100282_29.png100282_08.png100075_28.png100075_13.png100075_51.png100075_54.png100075_55.png100282_11.png100282_25.png100075_33.png100075_32.png100075_30.png100075_52.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCRoad l'avenir

facebookTwitterYouTubeInstagram
KEIRIN TOJ公式サイトは競輪の補助を受けて制作しています。

このページの先頭へ