・レース情報

ヒストリー

History

NTN presents 2019 Tour of Japan

2019年5月19日~5月26日

2018年大会で新人賞に輝いたクリス・ハーパー選手(オーストラリア)が、クイーンステージとなる富士山ステージを制し、見事、悲願の総合優勝を勝ち取った。また、団体総合では底力をみせたチーム右京が2年ぶりとなる優勝を果たした。

101587_01.jpg

2020年東京五輪の代表選考レースの一つとして開催された「NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン」。初日のショートTT『堺ステージ』を制したのは日本の若手、岡篤志選手(宇都宮ブリッツェン)。続く『京都ステージ』では入部正太朗選手(シマノレーシング)の強力な牽引により逃げが決まり、最後は付いてきたエイデン・トゥーベイ選手(チーム・ブリッジレーン)がステージ優勝を飾る。前夜の大雨があがった『いなべステージ』は、ラスト周回で抜け出したベンジャミン・ヒル選手(リュブリャナ・グスト・サンティック)がアダム・トーパリック選手(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニー)をスプリントで下してステージ優勝を飾り、同時にリーダージャージも獲得。集団スプリント勝負になることの多い『美濃ステージ』は、アジアのレースを熟知しているレイモンド・クレダー選手(チーム右京)が激戦のスプリントを制してステージ優勝。本格的な総合争いがはじまる『南信州ステージ』は、29名にまで絞られた先頭集団のスプリントをフェデリコ・ズルロ選手(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)が獲りポイント賞でも2位に浮上。クイーンステージとなる『富士山ステージ』では、ここでの勝利を狙っていた前年総合4位のクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)がチームメイトのディラン・サンダーランド選手のアシストを受けて快走。悲願のステージ優勝を飾ると共に個人総合でも一躍首位に躍り出る。そして、個人総合最終決戦となる『伊豆ステージ』は、パブロ・トーレス・ムイノ選手(インタープロサイクリングアカデミー)がラスト1周を独走してステージ優勝を飾り、ライバルたちの強力な攻撃を凌いだクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)がグリーンジャージを守りきった。最終の『東京ステージ』は、強力な トレインを組んだチーム ブリヂストン サイクリングの窪木一茂選手が集団スプリントを制して見事ステージ優勝を飾る。そして、個人総合ではクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)が22回目の王者に輝いた。なお、日本人選手での個人総合最高順位は石橋学選手(総合7位/チーム ブリヂストン サイクリング)。また、ポイント賞はフェデリコ・ズルロ選手(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)、山岳賞はフィリッポ・ザッカンティ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)、新人賞はクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)がそれぞれ獲得した。団体総合時間賞では底力をみせたチーム右京が2年ぶりにトップとなった。

NTN presents 2019 Tour of Japan WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 2.6km 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) 0:03.06
京都ステージ 105.0km エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン) 2:41:25
いなべステージ 127.0km ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック) 3:18:34
美濃ステージ 139.4km レイモンド・クレダー(チーム右京) 3:14:20
南信州ステージ 123.6km フェデリコ・ズルロ(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー) 3:10:24
富士山ステージ 36.0km クリス・ハーパー(チーム・ブリッジレーン) 1:22:24
伊豆ステージ 122.0km パブロ・トーレス・ムイノ(インタープロサイクリングアカデミー) 3:35:58
東京ステージ 112.0km 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング) 2:23:01
【個人総合順位】
1位 クリス・ハーパー(チーム・ブリッジレーン) 19:49:57
2位 ベンジャミ・プラデス・レヴェルテル(チーム右京) +40"
3位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ) +51"

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ