・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

TOJリーダージャージ

101934_01.jpg
今回は、2021年にリニューアルした「ツアー・オブ・ジャパン」の「各賞リーダージャージ」を改めてご紹介したいと思います。

数日間に亘って総合成績を争うステージレースのなかで、「各賞リーダージャージ」というのは、ある意味で「レースの顔」と言っても良い大きな存在です。

「2021年ツアー・オブ・ジャパン」は、「Champion System Japan 様」にスポンサードいただき、日本らしさを強調した4枚の魅力的なリーダージャージを用意いたしました。

Champion System デザインコンセプト
「“日本”という漢字をモチーフとしたブロック調のグラフィックデザイン」

TOJリーダージャージ紹介ページはこちら

以下、各賞リーダージャージとなります。

個人総合時間賞(グリーン)
~最も賞賛される総合優勝者の称号~
101934_02.jpg増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が獲得

ポイント賞(ブルー)
~平坦ステージでゴールをねらうスプリンターのための賞~
101934_03.jpg川野碧己選手(弱虫ペダルサイクリングチーム)が獲得

山岳賞(レッド)
~過酷な上りで暴れまくる山岳スペシャリストが着用~
101934_04.jpg増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が獲得
写真は繰り上げ着用するトマ・ルバ選手(キナンサイクリングチーム)

新人賞(ホワイト)
~23歳以下で個人総合時間順位最上位の選手に贈られる~
101934_05.jpg留目夕陽選手(日本ナショナルチーム)が獲得

101934_06.jpg
ステージレースでは、レース終了後すぐにChampion System社のオリジナルプリントマシーンを使用し、表彰用の各種リーダージャージが瞬時に用意されます。

100075_45.png100282_24.png

100075_15.png100075_46.png100075_47.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_28.png100075_40.png100075_32.png100282_11.png100075_33.png100075_34.png100282_08.png100075_30.png100075_36.png100282_25.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCステップライド

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ