・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

東京オリンピック自転車競技メダルテーブル

101905_01.jpg
一生に一度の自国開催のオリンピックが終了しました。

日本は大会全体を通して史上最多となる27個の金メダルを獲り、更に銀14、銅17と、合計数でも58個(総メダル数は1,080個)を獲得してこちらも史上最多を更新しました。

また、国別のメダル数では、アメリカ、中国についで3番目となり、自国開催の期待にしっかりと応える内容となっています。

一方、自転車競技に於いても、最終日に「オムニアム世界チャンピオン」の梶原悠未選手が大きなプレッシャーの中で銀メダルを獲得し、女子自転車競技史上初となる偉業を達成しました!

改めて、自転車競技全体のメダルテーブルは以下の様になりました。

イギリス: 6/4/2 12
オランダ: 5/3/4 12
スイス: 1/3/2 6
デンマーク: 1/2/0 3
アメリカ: 1/1/1 3
ドイツ: 1/1/0 2
オーストラリア: 1/0/2 3
イタリア: 1/0/2 3
カナダ: 1/0/1 2
スロベニア: 1/0/1 2
オーストリア: 1/0/0 1
中国: 1/0/0 1
エクアドル: 1/0/0 1
ニュージランド: 0/2/0 2
コロンビア: 0/1/1 2
ベルギー: 0/1/0 1
日本 0/1/0 1
マレーシア: 0/1/0 1
ウクライナ: 0/1/0 1
ベネズエラ: 0/1/0 1
フランス: 0/0/2 2
ロシア: 0/0/2 2
香港: 0/0/1 1
スペイン: 0/0/1 1

一方、自転車競技の各種目別メダル獲得数は以下の様になっています。

メダル総数 66

トラック種目 36
イギリス: 7
オランダ: 6
デンマーク: 3
ドイツ: 2
カナダ: 2
イタリア: 2
アメリカ: 2
ニュージーランド: 2
フランス: 2
ロシア: 2
中国: 1
日本: 1
マレーシア: 1
ウクライナ: 1
オーストラリア: 1
香港: 1

ロード種目 12
オランダ: 4
スロベニア: 2
エクアドル: 1
オーストリア: 1
ベルギー: 1
スイス: 1
イタリア: 1
スイス: 1
オーストラリア: 1

BMX種目 12
イギリス: 3
オランダ: 2
アメリカ: 2
コロンビア: 2
オーストラリア: 1
ベネズエラ: 1
スイス: 1

MTB種目 6
スイス: 4
イギリス: 1
スペイン: 1

興味深いのは、「フランス」「スペイン」「ベルギー」の様な自転車競技伝統国が下位に沈んでいる点です。

一方、「イギリス」と「オランダ」は全種目に於いて高いパフォーマンスを発揮しています(イギリスのロードチームはメダルこそ獲得できませんでしたが世界最高峰ですし、オランダのMTBもファンデルプールの落車がなけれなメダルを獲れた可能性はあります)。

このことからわかることは、オリンピックのメダル獲得というのは、その国の自転車競技のメジャー度よりも、「いかに準備を行うか」や、予算や人員を効果的に使うために「正しい取捨選択を行うか」にかかっているように感じます。

100075_45.png100282_24.png

100075_15.png100075_46.png100075_47.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_28.png100075_40.png100075_32.png100282_11.png100075_33.png100075_34.png100282_08.png100075_30.png100075_36.png100282_25.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCステップライド

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ