・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

例年とは異なる開催内容

101890_01.jpg
コロナ禍での開催となった今年の「ツアー・オブ・ジャパン」は、例年とは異なる形態でのレース開催となりました。

今後、コロナの状況が落ち着いていけば、徐々に以前の形へと戻っていくことになるかとは思いますが、一方で、まだ数年は影響が残ってしまう可能性もあります。

今回は、コロナ禍以降、国内では初めての「UCI公認ロードレース」となった今年のTOJを開催する上で、主催者として取り組んだ内容(例年とは異なる点)などを改めてまとめてみました。

新型コロナウイルス感染症対策
最もエネルギーをつかった要素が新型コロナウイルス感染症対策です。日本政府及びUCIのガイドラインを遵守しつつ、実態に合った運用方法を設定することがとても大変でした。経費面を含め、今年の大会を開催する上で最も多くのリソースを費やしたのが新型コロナウイルス感染症対策です。

海外チームの招聘を断念
緊急事態宣言の影響で入国制限が敷かれていたため、本来であれば「UCI公認ロードレース」を開催するための絶対条件である海外チームの招聘を断念する形となりました。

UCIレースクラスの変更
海外チームの招聘なしで「UCI公認ロードレース」を開催するために、レースクラスをそれまでの「1」から「2」へとダウングレードし、UCIから国内チームのみでの開催について許可を得てのレース開催となりました(正確には、コロナ禍という特殊な状況のため国内チームのみでも制裁はなしという回答内容)。

ステージ数の減少
感染症の状況が地域ごとに異なるため、東エリアの3ステージのみでの開催となりました。開催を断念した各ステージの「想い」を開催するステージ側が受け取っての挑戦となりました。

集客イベントの中止
緊急事態宣言の延長により「観戦自粛」での開催となったため、大会に関連する多くの集客イベントが中止となりました。自転車ロードレースはある意味で「街のお祭り」的なイベントであり、特に地域貢献を謳う「ツアー・オブ・ジャパン」にとっては最も深刻な要素だったと感じています。

100075_45.png100282_24.png

100075_15.png100075_46.png100075_47.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_28.png100075_40.png100075_32.png100282_11.png100075_33.png100075_34.png100282_08.png100075_30.png100075_36.png100282_25.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCステップライド

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ