・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

クラウドファンディング

今年の「ツアー・オブ・ジャパン」では本格的な「クラウドファンディング」を実施する予定となっています。

企画意図といたしましては、2020年限定開催予定の「富士スピードウェイステージ(仮称)」の開催費用の捻出が主なところではありますが、一方で、「ツアー・オブ・ジャパン」の長期的な目標の一つであります「自転車ロードレースのマネタイズ化」に向けたチャレンジという側面もございます。

自転車ロードレースのどういったところに「隠れた商品」が存在していて、どの様な企画を実施すると需要が生まれるかなどを、まずはクラウドファンディングを進めながら探っていこうと思っております。

ということで、現時点で考えている内容を以下に先出ししていきたいと思います。

◆クラウドファンディング募集期間:4月1日頃から大会前まで

◆目標金額=◯◯万円!(まずは達成可能な金額を設定してみます)

◆詳細発表:3月25日(水)開催予定の公式記者発表の場(於:エビススバルビル)

◆リターン(お返し)案(現状栗村案)
・大会ディレクターからのお礼メール
・富士SW入場券+オリジナルグッズ
・富士SW入場券+オリジナルグッズ+観戦エリア確保
・富士SW入場券+オリジナルグッズ+ゲストカー乗車
・コース上のパイロンへのお名前貼り付け(鳥居に書かれた企業名からヒントを得た)
・ステージネーミングライツ(こちらは別途確定しそうです)
・etc

やはりリターン(お返し)の内容が重要になってくると思うので、もう少しじっくりと考えてみます。

ちなみに上記に挙げた「コース上のパイロンへのお名前貼り付け(鳥居に書かれた企業名からヒント)」は個人的にはナイスアイデアだと思うのですが、いまのところ周囲からはそれなりにダメ出しをいただいている状況です…汗

101669_01.jpg
「写真は(栗村)イメージです」

ということでいろいろな内容を設定してみたいと思いますので、是非「富士スピードウェイステージ」の実現に向けて皆様にもご協力いただければ幸いです!

また、ここでうまくいった取り組みなどは、次年度以降、他ステージへも汎用していければと考えております。

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ