・インフォメーション

NEWS

TOJ NEWS

いなべステージホームチーム「キナンサイクリングチーム」がいなべ市立山郷小及び阿下喜小でTOJキッズウィーラースクールを開催!

ツアー・オブ・ジャパン地域貢献活動

5月15日(水)に「いなべ市立山郷小学校」、16日(木)に「いなべ市立阿下喜小学校」に於いて、いなべステージのホームチームである「キナンサイクリングチーム」が、地域貢献活動の一環として、子どもたちに「安全で、楽しく」自転車に乗ってもらい、もっと自転車を好きになってもらうための「キッズウィーラースクール」を開催しました。

講師は、昨年12月で現役を引退するも、地域貢献を目指すチームの理念に沿って設立された役職「アカデミーコーチ」として現場に残った中西健児氏。中西アカデミーコーチは4月から、いなべ市の「地域おこし企業人」として市に派遣されており、市内の自転車をつかったまちづくりにも貢献している。

101542_01.jpg
101542_02.jpg
15日に山郷小学校を訪れたのは、雨乞竜己選手、椿大志選手、さらに中西コーチと共にいなべ市内で絶大な視聴率を誇るTV番組「いなべ10」に「ケンとメガネのすごいぞTOJ」として出演する中島康晴選手の3名。

101542_03.jpg 
16日には、阿下喜小学校がTOJの観戦に訪れることが決定していることもあり、なんとTOJに出場予定の選手3名がゲストに登場。大久保陣選手、山本元喜選手、新城雄大選手が参加した。

101542_04.jpg
 開催地であるいなべステージの事務局のバックアップの元開催されたスクールでは、安全五則の紹介に始まり、実演として選手がフルブレーキでの停止や、公道でのわき見運転などの危険性について分かりやすい説明を行い、子どもたちからは選手への歓声や、知識が体験から身についていく雰囲気を感じ取ることができた。

101542_05.jpg
 また、子供用自転車を準備しての実際の走行体験では、一本橋やスラロームを使用し、いかにまっすぐ走ることが難しいかを学び、子どもたちにはコーチや選手がまっすぐ走ることや、ブレーキ準備についてのアドバイスが行われた。

101542_06.jpg
どちらの学校に対しても、19日から始まるTOJでの総合の連覇、そして21日に開催されるホームチームでのいなべステージの活躍を子どもたちに誓った。

101542_07.jpg
101542_08.jpg
今年のいなべステージの応援グッズであるハリセンは、キナンカラーのブルー。
これをプレゼントされた子どもたちの声援が、キナンの選手たちをトップのフィニッシュラインへの導きます。
 
101542_09.jpg

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ