・ブログ

がめんだイラストブログ

Gamenda

9月15日と16日は、おいでませ山口へ!

昨年初開催された地元秋吉台でのロードレースに興奮したワタクシ。今年はもっとたくさんの人に見に来てもらいたいな。

来る9月15日は地元の美祢市でJBCF秋吉台カルストロードの第2回目が開催されます!翌日の16日は山口市内でのクリテリウム開催。将来的にはUCI登録を目指しているレースだということで、山口県出身としては気になるところ。
ちなみに昨年の様子はこちら

101335_01.jpg
さて。事前レポといいながら、実はお盆に実家に帰省しただけだったり。長門の漁港で早朝から魚釣り(アジゴがたくさん釣れたよ)をし、帰る途中で大谷山荘(プーチンさんも泊まったとこね)の前を通るとなにやら物々しい雰囲気。どうやら安倍さんが里帰りしていたようで。

それにしても山口県の美祢市なんて、全国的にも全然知名度ないようなところですが、10年ほど前の市町村合併で秋芳町が加わったことにより、少しは有名?になった気がします。レースが開催される秋吉台のカルスト台地はもとより、別府の弁天池などもインスタ映えスポットではないでしょうか?

101335_04.jpg
どうですかこの水の色!画像加工なしでこのクオリティ!水温も冷たくて気持ちいいです♪ちょうどサイクリストの方が立ち寄ってボトルに水をくんでましたよ。

さらにこの弁天池の近くに、私が最近気になる大嶺酒造という酒蔵があるんです。

101335_02.jpg
101335_03.jpg
この外観、オシャレすぎて酒蔵のイメージがないのですが、それもそのはず、なんでも2010年に50年ぶりに蔵を再開したばかりらしく、ボトルのデザインも外観のようにシュッとして粋。秋山ファウンダー(ファウンダーという呼び方からしてもう美祢市じゃないみたいっ)がまた良いこと言われてますのでぜひ読んでみてくだされ。こんなところがあるならUターンしてここで働きたいと思う、酒飲みインコでした。

大嶺酒造からもう少し移動して、美祢線の於福駅の近くにある道の駅おふくに寄ってみました。ここもなんかオシャレになっとる!秋吉台ロードレースのスタート地点にあるカルスターっぽい雰囲気。

101335_05.jpg
ここには先ほど紹介した大嶺酒造のお酒とともに、山口が誇る「獺祭」の旭酒造さんのお酒も並んでいます。

101335_07.jpg
そこに山口県出身の弘兼憲史さんと手を組んだ西日本豪雨被災者復興支援のお酒もありましたが、私が行ったときにはちょうど品切れのようで。代わりに大嶺酒造の100mlカップを購入♪

101335_08.jpg
道の駅おふくにはお酒だけではなく地元食材を活かしたお菓子や、野菜、秋芳梨の缶詰なども売っています。併設して温泉もあるので、ツーリングで疲れた体を休めるにはピッタリですよ♪

101335_09.jpg
あと地元食材を活かしたジェラートも販売中。

皆様、山口県美祢市にお越しの際は、レース観戦とともにぜひ上記の場所に足を運んでみてくださいね〜。

それから10月13、14日は今年からUCIレースとなった大分アーバンクラシックにも注目。九州や山口でレースが増えるのはロードレース僻地の九州人には嬉しい限り。どちらも応援したいということで、大分アーバンクラシックのページでちょこちょこ大分に関する記事をアップしていきますね!
101335_10.jpg

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png100075_25.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100075_35.png100075_27.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100075_13.png100075_28.png100075_36.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100075_29.png100075_32.png100075_30.png100075_14.png100075_31.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブルプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ