・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

チャンスの年

101138_01.jpg

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

UCI公認国際自転車ロードレースの「ツアー・オブ・ジャパン」は、2018年5月に21回目の開催を迎えます。

今年の大会の開催予定日程をお知らせいたします。

「2018 ツアー・オブ・ジャパン 開催日程」
2018/05/20(日) 1ステージ 堺
2018/05/21(月) 2ステージ 京都
2018/05/22(火) 3ステージ いなべ
2018/05/23(水) 4ステージ 美濃
2018/05/24(木) 5ステージ 南信州
2018/05/25(金) 6ステージ 富士山
2018/05/26(土) 7ステージ 伊豆
2018/05/27(日) 8ステージ 東京

引き続き「8日間・8ステージ」の国内最大のUCI公認国際自転車ロードレース(ステージレース)として開催する予定となっております。

ご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんので、改めまして「ツアー・オブ・ジャパン」の大会主催者をご紹介いたします。

「自転車月間推進協議会」
http://www.toj.co.jp/?tid=100344

上記協議会は各種公益法人等の関係団体で構成されており、当協議会がすすめる「自転車月間」は昭和56年5月に自転車基本法の制定を記念して設定されました。

地球環境にやさしい自転車の安全な利用方法や乗る人のマナー向上、自転車による健康増進などを広く一般にアピールし、自転車の可能性と諸問題の解決策を考える機会として、毎年5月にさまざまなイベントを実施し、「5月5日を自転車の日」、「5月は自転車月間」としています。

そして、「ツアー・オブ・ジャパン」も、この「5月は自転車月間」というコンセプトの上で開催されている国際レースとなっています。

そんな中、昨年5月に施行された「自転車活用推進法(日本という国が自転車の活用を総合的・計画的に推進する)」に於いても、改めて「5月5日は自転車の日」、「5月は自転車月間」とうたわれています。

「自転車活用推進法」の施行は、我々「自転車村の住人」にとってはとてつもなく大きな転機であり、また、「ツアー・オブ・ジャパン」もある意味で「国家イベント」と解釈することも可能となるわけでして、2018年はそのための種まきに勢力的に取り組みたいと考えております。

短・中・長期の成長を同時に追求することは非常に困難なことではありますが、それでも「自転車の未来」にとって重要な一年となるのは間違いないと感じておりますので、引き続き努力を継続していきたいと思います。

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png100075_25.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100075_35.png100075_27.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100075_13.png100075_28.png100075_36.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100075_29.png100075_32.png100075_30.png100075_14.png100075_31.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブルプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ