・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

自転車活用推進法案

100849_01.jpg

これまでは、「ツアー・オブ・ジャパン」の主催者である「自転車月間推進協議会」が中心となって実施してきた「自転車月間(5月)」及び「自転車の日(5月5日)」を、今後、国が正式に認める方向になるというニュースが飛び込んできました。

この内容は、12月9日に参議院本会議で可決され成立した「自転車活用推進法案」のなかに組み込まれていた項目であり、「国が正式に自転車の活用を総合的かつ計画的に推進していく」という歴史的な決定がベースとなっていて、同法案成立が今後さまざまな自転車関連の取り組みを進めていく上での法的根拠となり得ることから、施行後の効力などにいまから期待が高まっているとのことです。

今回の法案成立を十数年以上の歳月をかけて推進してきた「NPO法人自転車活用推進研究会」のWEBサイトには「自転車活用推進法案の概要」が掲載されています。

そして、「基本方針」として以下の12項目が記載されていました。

1.自転車専用道路、自転車専用通行帯等の整備
2.路外駐車場の整備による時間制限駐車区間の削減
3.シェアサイクル施設の整備
4.自転車競技施設の整備
5.高い安全性を備えた良質な自転車の供給体制の整備
6.自転車安全に寄与する人材の育成及び資質の向上
7.情報通信技術等を活用した自転車の管理の適正化の促進
8.交通安全に係る教育及び啓発
9.自転車の活用に青少年の体力の向上
10.自転車と公共交通機関との連携の促進
11.自転車を活用した国際交流の促進
12.観光旅客の来訪の促進その他の地域活性化の支援

勝手ながら、「ツアー・オブ・ジャパン」に関連していそうな項目を「太字」にしてみましたが、間接的な部分も含めるとそれなりの項目が「ツアー・オブ・ジャパン」と接点があることに気付きます。

「ツアー・オブ・ジャパンが国の公認を得る」まで言ってしまうと「完全なる拡大解釈」となってしまいますが、それでもそこに近づくためのチャンスは開かれたわけで、この法案成立に尽力された関係者の皆様の努力を形にしていくためにも、より社会性のある自転車ロードレースを目指して「ツアー・オブ・ジャパン」は今後も進化を続けていきたいと思います。

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ