・インフォメーション

NEWS

TOJ NEWS

第19回(2016年)ツアー・オブ・ジャパン開催日程に関するお知らせ

2016年に19回目の開催を迎える国内最大級のUCI公認ステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の開催予定日をお知らせいたします。

「第19回ツアー・オブ・ジャパン開催日程」
2016/05/29(日) 1 堺ステージ
2016/05/30(月) 2 京都ステージ ※新ステージ 
2016/05/31(火) 3 美濃ステージ
2016/06/01(水) 4 いなべステージ
2016/06/02(木) 5 南信州ステージ
2016/06/03(金) 6 富士山ステージ
2016/06/04(土) 7 伊豆ステージ
2016/06/05(日) 8 東京ステージ
※日程は変更になる可能性がございます

大会史上初となる、移動日なしの「8日間・8ステージ」での戦いとなります。

新たに加わる「京都ステージ」は、府南部の「京田辺市」と「精華町」をまたぐコースを想定しており、京都府は「お茶や学研都市など府南部の地域資源を広くPRする機会にしたい」との期待を膨らませています。

京都ステージの詳細につきましては、コースなどが正式に決定し次第改めてお伝えいたします。

また、2015年8月1日付で、田中栄作前大会ディレクターに代わり、栗村修前大会副ディレクターが新大会ディレクターに就任しましたことをご報告いたします。

尚、田中栄作前大会ディレクターは、「ツアー・オブ・ジャパン組織委員会」副委員長として、引き続き大会運営に関わってまいります。

栗村修新大会ディレクターからのご挨拶
「第19回大会から大会ディレクターという重責を担うこととなりましたが、引き続き日本のロードレース界全体の発展を目指しながら、できる事を一つづつ積み上げていきたいと考えております。改めてましてどうぞ宜しくお願いいたします。来年、ツアー・オブ・ジャパンは、19年の歴史のなかで初めて移動日なしの大会日程を実現します。とはいえ、ツアー・オブ・ジャパンを取り巻く基本的な開催環境は開催当初と比べて明らかに厳しいものとなっており、新たな取り組みを一つスタートするだけでも大変な労力を必要とするのが実情といえます。また、大会を取り巻く社会環境も確実にシビアな状況へとシフトしており、我々が目指す拡大路線は“イバラの道”と表現しても決して大袈裟ではないでしょう。しかし、何事においても、ただ“継続”しているだけでは、いずれ“衰退”に繋がっていくということも逃れられないもう一つの真実でありますので、失敗を恐れず、大会に関わる多くの方々と共に挑戦を続けていきたいと思います。」

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ