・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

UCIコンチネンタルランキング続報

101368_01.jpg

10月30日に更新した当ブログでの記事のなかで「2019年のUCIコンチネンタルランキングでは、日本人はアジアツアーでしかポイントを獲得できない?」という内容を取り上げました。

そのブログ記事の元になったのが、UCIがWEB上で公開している以下のルール改正案文となります。

Elite and Under 23 men’s Continental Rankings
男子エリートおよびU23・コンチネンタル・ランキング

2.10.021
Individual classification
個人ランキング
Riders are ranked in the individual ranking of the continent of which their nationality is linked. They can only appear in the rankings of one continent.
競技者は,彼らの国籍が関連する大陸の個人ランキングにおいてランキングを与えられる.これら競技者は,一つのみの大陸のランキングに現れる.

一方で、他にも以下の様な表現でチームランキングについての記述がありました。

2.10.025
Team ranking
チーム・ランキング
The ranking of UCI continental teams and UCI professional continental teams shall be drawn up at least once a week by adding the points of their 10 best placed riders in the individual continental ranking.
UCIコンチネンタル・チームとUCIプロフェッショナル・コンチネンタル・チームのランキングは,コンチネンタル個人ランキングにおいて上位10名の競技者が獲得したポイントの合算により少なくとも週に1回作成される.
Teams are ranked in the team ranking of the continent of their nationality. They can only appear in the rankings of one continent.
チームはその国籍の大陸のチームランキングにおいてランキングを与えられる.それらチームは一つのみの大陸のランキングに現れる.

「2.10.021」と「2.10.025」の内容を合わせて解釈すると、「コンチネンタル個人ランキングポイントは、それぞれの選手が属する大陸でのレースでのみ獲得できる」、「コンチネンタルチームランキングポイントは、そのコンチネンタル個人ランキングポイントの合算(上位10名)により算出される」ということになります。

ということは、仮に日本のコンチネンタルチームに所属するスペイン人選手がアジアツアーのレースで優勝してもアジアツアー個人ランキングポイントを獲得することができず、結果的にチームランキングポイントにも点が入らないということになってしまいます。これでは外国人選手を多く雇用している国内チームの順位が暴落することになってしまいます。

しかし、その後、UCIの改正案文の内容が以下の様に修正されているとの情報が入りました。

The ranking of UCI continental teams and UCI professional continental teams shall be drawn up at least once a week by adding the points of their 10 best placed riders in the individual world ranking.
UCIコンチネンタル・チームとUCIプロフェッショナル・コンチネンタル・チームのランキングは,ワールド個人ランキングにおいて上位10名の競技者が獲得したポイントの合算により少なくとも週に1回作成される.

チームランキングを算出するための対象個人ランキングが「コンチネンタル個人ランキング」から「ワールド個人ランキング」へと変更となった模様です。

ということは「2.10.021」の規定はあくまでコンチネンタル個人ランキングを算出するためのものであり、チームランキングには使用されないということになります。

改めて「ワールド個人ランキング」の項目を確認してみました。

2.10.002
TIndividual UCI World Ranking
UCIワールド個人ランキング
he individual UCI World Ranking is a 52-week rolling ranking and shall be drawn up at least once a week.
UCIワールド個人ランキングは52週間のローリング・ランキングであり,少なくとも週に1回作成される.
If necessary, the ranking for the preceding weeks shall be corrected. The new ranking comes into force on the day of publication and stands until the publication of the subsequent ranking.
必要であれば,先立つ数週のランキングは訂正される.新しいランキングは発表の日に発効し,次のランキング発表まで有効である.
Riders score points on the individual ranking in accordance with the scale in article 2.10.008.
競技者は条項2.10.008中の基準に従って個人ランキングにおけるポイントを獲得する.
Points awarded for stages are included in the ranking drawn up following the final day of a stage race.
ステージにおいて獲得したポイントは,ステージレース最終日に続いて作成されるランキングに含まれる.

今度は、前回までの解釈とはガラッと代わり、コンチネンタルチームランキングの対象ポイントが「ワールド個人ランキング」となったことで、チームに所属している選手が世界中のUCIレースで獲得したポイントが加算されることになります(チーム内上位10名のポイントが対象)。

ですので例えば、日本籍のコンチネンタルチームがアジアツアーのレースに一度も出場していなくても、アメリカツアーのレースで大活躍してポイントを荒稼ぎすることができれば、チームランキング自体は上位に位置することが可能となってくるわけです。もちろんチームにアジアツアー以外の地域の選手が所属していてもチームランキングポイントには反映されることになります。

ということで、なんとなく一瞬「混乱の匂い」がしかけたコンチネンタルランキングルール変更の件でしたが、一先ず実態に近い形に収束しそうな感じとなっております。

但し、今後もルールが細かく変更となる可能性がありますので、引き続き注意してモニタリングしていきたいと思います。

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png100075_25.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100075_35.png100075_27.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100075_13.png100075_28.png100075_36.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100075_29.png100075_32.png100075_30.png100075_14.png100075_31.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブルプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ