・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

ツアー・オブ・ジャパンの楽しみ方


101331_01.jpg

「ツアー・オブ・ジャパンの仕事というのは5月以外の時期はなにをしているんですか?」という質問をたまにいただきます。

もちろん、繁忙期(2~6月)とそれ以外の時期では違いがありますが、それでも年間を通じて常にやらなければならない業務が発生しています。

また、当たり前ですが、新しい取り組みや各種業務改善などにも着手する必要があり、年が明けてしまうと大会を開催するための「実務」に時間を割くことになってしまうので、この時期にアイデアを絞ってあれこれと下準備を進めることが重要になってきます。

「ツアー・オブ・ジャパン」という大会は、他のレースの様に「1レースを開催する」という感覚よりも、「別々の8レースを同じ時期に一気に開催する」という感覚に近く、各種調整業務などの量は、他のワンデーレースや同一自治体内で開催されるステージレースよりも煩雑になる傾向にあります。

ということで、我々主催者側は一年をかけて大会の準備を進めていくわけですが、一方で、「ツアー・オブ・ジャパン」を観戦されるお客様につきましても、理想的にはこの時期から観戦の準備をされたほうがより充実したレース観戦を楽しめたりします。

そこで、早めに準備を行った方が良い項目などを、以下に挙げてみたいと思います。

◯有給休暇
8日間(8ステージ)に亘って開催される「ツアー・オブ・ジャパン」は平日が大会日程に組み込まれています。もし全日程現地観戦を考えている「ツワモノ観戦者」の方がいらっしゃった場合、まとまった有給休暇をとる必要があります。

◯宿泊予約
「ツアー・オブ・ジャパン」はかなり数の関係者が連日移動していくため、コース周辺の宿泊施設がいっぱいになる可能性があります。こちらも早めの予約が必要となってきます。

◯観戦プラン
上記の「有給休暇」や「宿泊予約」などを進める上で必要となる「観戦プラン」の作成にも時間をかけたいところです。旅好きな方であれば一番楽しい時間かもしれませんね。「観たいステージを決める」→「周辺の観光情報を集める」→「移動手段(公共交通機関/マイカー/レンタカー/レンタルキャンピングカー/自転車/その他)を決める」といった順でプランを組み上げていきましょう。

◯応援するチーム(選手)を決める
ただ漠然とレースを観戦するよりも応援する対象が決まっていた方がより楽しく(熱く)レースが観戦できます。「国内UCIコンチネンタルチーム」を中心に情報を集め、「地元に近かいから」や、「気になる選手がいる」など、軽い理由でも良いので「入り口」となる対象を決めてみてはいかがでしょうか。「ツアー・オブ・ジャパン」は5月下旬のレースですので、年明けに新シーズンのチームグッズなどを購入し、チームの活動を追いつつ「ツアー・オブ・ジャパン」を迎えるとより楽しめるはずです!

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png100075_25.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100075_35.png100075_27.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100075_13.png100075_28.png100075_36.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100075_29.png100075_32.png100075_30.png100075_14.png100075_31.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブルプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ