・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

歴史を刻む美濃ステージ

今年、記念すべき10回目の開催を迎えた「ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージ」ですが、これまで刻んできた長い歴史を祝う形で12月3日(日)に美濃市文化会館に於いて豪華な記念トークショーを開催いたしました。

ゲストに世界で活躍する日本のスーパースター新城幸也選手と同じく日本を代表するフォトグラファー砂田弓弦氏をお迎えし、お二人の近況やツアー・オブ・ジャパンの想い出話しなどを約1時間半に亘ってたっぷりとお伺いしました。

今回はトークショーのなかでも話題に挙がった新城幸也選手の若かりし頃(エキップアサダ在籍時)の写真などを中心に今回のイベントの模様を簡単にご紹介したいと思います。

101125_01.jpg
「トークショーを前に和紙専門店の“紙舞”にて様々な和紙商品(衣類)を手に取る新城幸也選手と砂田弓弦氏。ちなみに“紙舞”さんは先日テレビの地上波で和紙の靴下が紹介されたあと注文が殺到して大変だったとのこと。」

101125_02.jpg
「会場となった美濃市文化会館に本当にたくさんの方々にお集まりいただきとても貴重な新城幸也選手と砂田弓弦氏のトークショーを楽しんでいただきました。トークショー後には抽選会も実施され冒頭部分ではお二人に抽選券を引いていただきました。」

101125_03.jpg
「美濃ステージ初開催となった2007年にステージ2位に食い込んだ若かりし頃の新城幸也選手。最後はイタリアのプロコンチネンタルチーム3人を相手にとても大変な展開だったと語った新城選手。それでも2位に食い込む辺りはやはり大物です!」

101125_07.jpg
「毎年ツアー・オブ・ジャパンが開催される5月はジロ・デ・イタリアの取材中で日本にはいらっしゃらない砂田カメラマン。レースを直接撮影していただくことは難しいものの、美濃ステージ名物の“にわか茶屋TOJ特別展示会場”用に多くの素晴らしい本場のレース写真をご提供いただいております。」

101125_06.jpg
「美濃ステージ2年目となる2008年のレースを制したのは新城幸也選手の恩師でもある福島晋一選手でした。山岳賞を狙う新城幸也選手のアシストを受けた福島晋一選手がカウンターで飛び出し見事独走での勝利を飾りました!」

101125_05.jpg
「山岳ジャージを獲得した新城幸也選手が美濃ステージの表彰台に上がります。ちなみに2008年のステージMCは飯島美和さんでした。」

101125_04.jpg
「トークショー翌日には地元美濃でカーボンバイクを製作・販売する株式会社タカイコーポレーションの工場などを見学しました。現会長の高井氏はツアー・オブ・ジャパン美濃ステージの実現に尽力された功労者でもあります。写真は2008年の表彰式でプレゼンターを務める高井氏。」

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ